HOME>トピックス>教育ローンを使う人に知って欲しい貸付条件

教育ローンを使う人に知って欲しい貸付条件

家族

教育ローンについて

教育ローンとは、学費などの費用を賄うための商品になっており、最高350万円まで借入することができます。世帯年収が200万円以下であっても国のローンに申し込みをすることが可能です。教育ローンは基本的に子どもの学費のために利用していく他、子どもが親元を離れて一人暮らしをする際などの居住費にも充てることが可能です。

文房具

使い方について

学生といっても、お金が必要になるシーンは必ずあります。例えば、次のようなシーンで使用されています。1つ目は、学費や教科書材の購入費用に、就職活動をするための費用、生活費などがあります。特に学生の一人暮らしは一時的にお金が足りなくなる場面もあるので、こういう時こそ教育ローンの出番です。

家族

貸付条件を知ろう

和歌山で教育ローンを利用する場合、まずは手続きをしなければなりません。借入申込書や住民票の写し、源泉徴収票や身分証明書などといった書類が必要になります。また、入学費用だけを借入したい場合は合格通知書だったり、既に在学中で在学資金に充てたい場合は学生証だったりが必要になります。

教育ローンの魅力

文房具

安心して学校に通える

お金がないと学校に通うことが難しくなってしまいますが、教育ローンを利用することで学校に通うことができます。また、奨学金などを組み合わせて利用することもできるので在学中は教育ローンに頼り、卒業後に働いて奨学金を返済していくことで親御さんの負担を少しでも減らすことができるでしょう。

金利が低い

商品によりますが、だいたいの教育ローンは金利を低めに設定しているので、返済もかなり楽だといえます。通常金利というのは、上限金利が低いものを指しますが、人気の教育ローンはこの数字よりも遥かに低くなります。

保証人が不要

これも商品によりますが、保証人不要の教育ローンも存在します。非常に使いやすく、急な出費に困っている親御さんや学生さんの助けとなるでしょう。万が一を想定して、審査申し込みするのもアリです。